フォルテコール 効果は

犬猫へ投与する用量は

フォルテコールの効果と投与する薬の用量について

フォルテコール投与で期待できる効果は?

フォルテコール』は、有効成分である塩酸ベナゼプリルの働きにより、血圧の上昇を抑える効果、つまり血圧を下げる薬です。

犬や猫など動物は高齢になると、心臓や腎臓など内臓は、何らかの疾患を持つことが多くなってしまいますが、このような疾患は、原因特定が難しい場合が多く、また進行性の疾患でもあるため、治療による完治が容易ではありません。

特に何らかの疾患もってしまった心臓や腎臓は、無理にでもその機能を保とうと血液を流すために、血圧を上げようとします。しかしこのような状態が長く続くと、心臓や腎臓の組織そのものに無理が来て、やがて本来の機能を失ってしまいます。

『フォルテコール』は、このような状況を防ぐために、血圧を下げる役割をします。血圧を下げることにより、心臓や腎臓への負担が軽減され、症状進行を遅延させ、良好な状態を維持します。

また『フォルテコール』と同じ血圧を下げる薬として、「セミントラ」が2014年より発売されています。

「セミントラ」は、たんぱく尿が見られる時に効果的だとされており、たんぱく尿が出るようになると、現在は「セミントラ」を使用することが多くなっています。

 

■ フォルテコール 犬猫兼用 2.5mg/1箱

  ⇒ 詳細はこちら

 

■ フォルテコール 犬猫兼用 5mg/1箱

  ⇒ 詳細はこちら

 

■ フォルテコール 犬猫兼用 20mg/1箱

  ⇒ 詳細はこちら

 
●フォルテコールは、心臓疾患の治療や予防のためです。また、高血圧の治療にも用いられます。 ●フォルテコールは、猫の慢性腎不全にも用いられます。 ●フォルテコールは、血管拡張薬として働き、血管を弛緩させ、血圧を下げる効果を示します。 ●心臓に問題のある動物の心筋を損傷させたり、塩貯留を起こす有害な化学物質やホルモンの濃縮を減少させます。 ●腎糸球体の毛細血管圧と全身の血圧を正常化させることによって、腎臓病の進行を遅らせるような働きもあります。 ●2.5-10kgの犬または猫にご使用ください。